nohohon

気の向くままの nohohon life をお届けします

『ひと』 小野寺史宣 著  

hito.jpg

交通事故死した調理師の父。

女手ひとつで東京の大学に進ませてくれた母。――その母が急死した。

奨学金を返せる自信はなく、大学は中退

そんなある日

空腹に負けて南砂町商店街の総菜屋で

所持金55円の主人公が唯一買えるたった一つの

50円のコロッケを見知らぬお婆さんに譲った



「人に譲る」そんなところから人生が開けていった主人公

物語に盛り上がりはなく淡々と話は進む

自己主張が強い人が目立つ中

こんなお話も良いなと思った。

(予約投稿ですのでコメント欄はお休みさせてくださいね)

category:

tb: --   cm: --

読み聞かせ えほん記録   

1530168500RqjG65f0HR7Izy91530168493.gif

先日、私は都合により今学期最終の読み聞かせでした

残念ながらお昼休みの放送で

読み聞かせがあるという案内を忘れられ

観客ゼロ・・・悲しい

準備していた本を早々に片付けて学校を後にしました

単独のボランティアってこんなもの・・・(/ω\)

帰りに会った子どもたちは

「ええ~!今日読み聞かせやったん!」と

残念がってくれたのがせめてものなぐさめ (^^)v

category:

「牡丹灯篭」 文学座  

img188.jpg
今月の観劇

「綺麗はきたない きたないは綺麗」

「幽霊より恐ろしいのは人の欲」

う~ん なるほどかも・・・

category: 観劇

tb: 0   cm: 2

『コーヒーが冷めないうちに』 川口俊和 著  

ko-hi-.jpg


舞台の名前は フニクリフニクラ

この喫茶店のある座席には不思議な都市伝説があった

その席に座ると、望んだとおりの時間に戻れるという

ただし、非常にめんどくさいルールがあった。



本屋さん大賞を取った作品

早くも映画化が決定

紹介文に引かれて予約したのが昨秋…やっと手元に来ました

本との相性は読むタイミングにもよるのかも知れません

今や私の中では読むタイミングでは無くなっていたという事でしょうか

書評にあるような感動を感じる事は無く、なんだか残念な思いが・・・。





category:

tb: 0   cm: 6

『東京バンドワゴン ヘイ・ジュード』 小路幸也著  

hon.jpg

老舗古書店「東京バンドワゴン」に舞い込む謎と事件を

大家族の堀田家が解決する人気シリーズの第13弾。

タイトルの『ヘイ・ジュード』 

この歌は年長者から子どもへ

どんなに苦しくってもくじけるなと励ます歌

シリーズごとに内容を表すビートルズの曲のタイトルが付けられています

大好きな曲なのでYouTubeさんからお借りしました

-- 続きを読む --

category:

tb: 0   cm: 6