nohohon

気の向くままの nohohon life をお届けします

「田茂神家の一族  

ea5NQtdodBzEEr01486179011_1486179139.jpg



6期24年にわたり村長を務めた田茂神嘉右衛門がけがのため引退

次期村長候補に名乗りを挙げたのはすべて親族である田茂神姓

奪い合う票数は100をわずかに超える程度

そんな中候補者による合同演説会が始まる

しかし、その内容は家族が抱える「秘密」のばらし合い

ズタズタに引き裂かれた田茂神家の人々の行く末は?

演劇鑑賞会は自分ではたぶん見に行かないような演目も

観ることが出来るので予期しない面白さがあります。

category: 観劇

tb: 0   cm: 4

「松井須磨子」  エイコン公演  

3k6DMjkL2T1hkfX1481103242_1481103297[1]

松井須磨子さん (1886~1919)
日本初の新劇女優

1913年、演出家・島村抱月と芸術座を旗揚げ
『復活』の劇中歌「カチューシャの唄」が大ヒット

1918年11月に抱月がスペイン風邪でこの世を去ると
須磨子もその2か月後に自ら命を絶った



松井須磨子さんの物語は以前テレビで見ました

この波乱万丈な人生をどのように演じるのか

栗原小巻さんの独り芝居が楽しみです🎵

category: 観劇

tb: 0   cm: 4

『横濱短篇ホテル』 劇団青年座  

207_2b.jpg
マキノノゾミさん(作家)  宮田慶子さん(演出)


無題

1970年 冬   歩行者天国  an・an創刊  トミカが180円で発売

1975年 夏   100円ライター商品化  公衆電話登場  内ゲバの激化

1980年 秋   ルービックキューブ大ブーム  原宿に「竹の子族」

1985年 夏   阪神、初の日本一  日航ジャンボ機事故

1990年 冬   大学センター試験開始

1995年 夏   厚底ブーツ大流行  地下鉄サリン事件  阪神淡路大震災

こんな時代を背景に7話の短編が演じられる

それぞれに起承転結があり、一つの物語が20分

さらに7話すべてが繋がって一つのドラマを構成しているという作品

皆さんが絶賛する楽しみな作品、それでは見に行ってきます。

category: 観劇

tb: 0   cm: 6

劇団四季 「キャッツ」 公演  

170716cats06-thumb-640x450-18446.jpg
(写真はお借りしています)

予約を入れてから6カ月

やっと見る事が出来ます(≧▽≦)

いつ予約を入れたのかと見てみますとこちら →(^^♪

この時は「ええっ~先が長い」と思いましたが

あっという間にこの時期がやってきました。

という事でいってきまぁ~す🎵

でも、早くも追加公演が決まりましたね

焦らなくっても良かった・・・?

category: 観劇

tb: 0   cm: 6

「百枚目の写真」 トム・プロジェクト  

100_2016[1]

原作は「一銭五厘たちの横丁」

1975年に児玉隆也著、桑原甲子雄写真で出版された。
「一銭五厘」とは、当時召集令状の葉書が一銭五厘だったことによります。

昭和18年、当時アマチュアカメラマンだった桑原甲子雄は
陸軍省から「戦地の兵士に送るための写真を撮撮るように」と
集められたカメラマンの一人

そのネガを30年後に手にした児玉隆也は
留守家族たちの今を尋ねる旅に出た。

ではでは夜の部に行って来ま~す。

category: 観劇

tb: 0   cm: 6