nohohon

気の向くままの nohohon life をお届けします

『矢上教授の十二支考』 森谷明子 著  

jyuunisi

女子大生・御牧咲は夏休みのレポートの課題にこぶし野町を選んだ。

この町は、十二支にちなむ神々に各方角を守られているのになぜか「丑」の方角だけ神社がない。

そしてなぜか、南方熊楠の民俗学随筆集『十二支考』にも「丑」の章だけがない。何か理由があるのか? 


結局、南方熊楠にふれる事のないまま

町に起きた事件を解決に導くミステリー作品でした。

それにしても南方熊楠随筆集に「丑」の章だけがない・・・気になります。








category:

tb: 0   cm: 4

コメント

☆太巻きおばば さん

ミステリーは最近読んでいなかったのですが
読むならやっぱり本格的なミステリーが好きです^^

たまたま手に取った本なのですが
ミステリーにしてはちょっと物足りなさのある作品でした。

URL | nohohon #-
2018/09/18 13:01 | edit

☆こすずめ さん

こんにちは

この本、図書館の新刊コーナーにありましたので
タイトルに興味があって手に取りましたが
紹介文にミステリーと書いてあるのですが
本格的なミステリーではなく・・・
何と言いますか、ちょっと物足りなさが残りました。

URL | nohohon #-
2018/09/18 12:57 | edit

最近、何も考えないで1日が過ぎて行く私。
ミステリー小説ですか。
今の私に思考能力を回復するのに役立つかも(笑)

URL | 太巻きおばば #-
2018/09/18 12:20 | edit

おはようございます。
この著者のものは、読んだことがありません。

早速、図書館に申し込みました。
私の方こそ、新しい出会いを作って頂けてありがたいと思っています。

URL | こすずめ #-
2018/09/18 09:29 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://nohohon551006.blog.fc2.com/tb.php/2634-72da3465
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)