nohohon

のんびりゆったり気の向くままの nohohon life 

京都 伊勢丹で開催中 いわさきちひろ展  

PC131258.jpg
京都駅の伊勢丹で開催されている

「いわさきちひろ」展を見るためにやってきました





chihiro_flyer_01.jpg
最近の画風と全く違う初期の作品を見たのは初めて

戦争による暗い時代を過ごして

その後子どもを育てながら

愛情いっぱいのデッサンなどを重ね

今のメルヘンのような画風になったのですね

今、京都国立近代美術館では 「藤田嗣治」展もやっています

京都の冬の旅は見どころ満載です。






PC171266.jpg
おみやげのカレンダー







PC171267.jpg
いわさきちひろさんの画を1年中楽しめます^^

category: 日常

コメント

☆ぶらっくこーひー さん

身近によく目にする絵
親近感があって生誕100年とは思えませんね~^^

あちらこちらのデパート
最近は絵画展なんかもしているので行きますが
疲れるのであまり買い物には行かなくなりました(>_<)

URL | nohohon #-
2018/12/19 19:12 | edit

いわさきちひろさ、可愛らしい絵!!
100年前とは思えないですね?

伊勢丹、、一度だけのぞかせて貰いました。
田舎者丸出しの姿で、恥ずかしかったな~~

URL | ぶらっくこーひー #-
2018/12/19 13:42 | edit

☆太巻きおばば さん

絵が優しいですね~^^
私もこの色合い、子どもの表情が大好きです。
裕福な家で育ったようですが戦争を境に
大変苦労されたようですその頃の絵は
今とは全く画風が違っていました。

URL | nohohon #-
2018/12/18 17:43 | edit

☆きたあかり さん

<と~~っても寂し気な表情の作品
あります あります!
戦前から戦後の絵はポスターの絵のように
油絵も暗い感じで表情も暗い絵が多かったです
子どものあどけない表情や優しい色合いが描かれたのは
1960年ごろからですね1974年亡くなるまでの短い期間でした。

URL | nohohon #-
2018/12/18 17:39 | edit

☆baba ちゃまさん

そうなんですか~^^
どこの家でもこのカレンダーが(笑)
見ていると心が安らぐようなほんわかした絵
毎日見ていても飽きないのでしょうね。

URL | nohohon #-
2018/12/18 17:35 | edit

☆ごくしげ さん

子どもの表情がどれも可愛くって
パステルの色合いと共に私も大好きです。
ほんとうに心がほんわかしてきますね
55才のあまりにも早い死が残念です。

URL | nohohon #-
2018/12/18 17:32 | edit

いわさき ちひろさん、大好きです。
絵に温かさが有りますよね。
生誕100年ですか。
当時、こんな温かな絵を描けるなんて素敵な人ですね。

URL | 太巻きおばば #-
2018/12/18 17:07 | edit

いわさきちひろ展!なんて羨ましいんでしょう!アタシも行きたいです。
あの 優しい色使い、かわいらしい目。とてもあたたかい気持ちになれますが、時々、と~~っても寂し気な表情の作品ありませんか?胸をつかれるアタシでした。

URL | きたあかり #-
2018/12/18 16:06 | edit

いわさきちひろさんは
私よりちょっと若い女の方に大人気で
どこの家に行っても
カレンダーがぶら下がってますね~!

URL | baba #-
2018/12/18 14:26 | edit

いわさきちひろの絵は、いつ見ても
心和まさせてくれますね。
あどけない子供の姿がとても可愛く
温かな気持ちにさせてくれます。

URL | ごくしげ #-
2018/12/18 11:06 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://nohohon551006.blog.fc2.com/tb.php/2682-d0ead23f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)